VLC Transcriber with simple Timer (vtt; 会話分析等用の文字起こし/テープ起こし支援ソフト)

***vtt3を公開しました.こちらのほうが使いやすいでしょう.

VLC Transcriber with simple Timer (vtt; 会話分析等用の文字起こし/テープ起こし支援ソフト)

*I do not provide details in English, but read the “Help” in source code, then I think you will get what this does.

 a)概要とざっくりとした使い方

Okoshiyasu2や,ELANなどの支援ソフトが多々ある中,Windowsで,無料,かつ多種多様のフォーマットの動画を再生でき,文字化を支援する軽量ソフトとして開発しました.VLCメディアプレーヤーと,WORDなどのテキストソフトとともに起動させ,使用します.

通常,WORDとVLCを起動させて文字を起こす場合,再生,停止は,マウスやCtrl+Tabなどでウインドウを切り替える必要があります.でもそれが時間喰いなんですよね.

しかし,VTTを利用すれば,WORDとVLCを仲介し,WORDの画面のまま,例えば[無変換]キーや[F1]を押すことで3秒動画を戻すことができます.ほかにもスロー再生,コマ送りなどができます.

利用で,実測1.5倍ぐらいの速度で文字起こしができるようになります.

その他特徴は以下の通りです.

  1. AutoHotkey.zip,または書き出し機能,VLCポータブルを合わせて使えば,文字化環境をUSB一つで持ち運ぶことができます.
  2. 無料です.オープンソースです.Windows専用です.現在Win8.1, Win10での動作を確認しています.
  3. VTTは,F3スタート,F4ストップの(0.0)式のストップウォッチ機能も付与されています.

20170821_1322

↑の画像の左側は[Help]を押したときのものです.ショートカットキーの一覧が表示されています.無変換で3秒戻し,Ctrl+[,]でスピードダウン,など.


b)導入順序

導入は面倒くさく見えますが,10分程度で終わります.

1.VLC Media PlayerAutoHotkeyをダウンロード → インストールする.

2.デスクトップに,新しいAutoHotkeyスクリプトを作成する

ahk making

3.アイコンを右クリックし,EditScriptをする.メモ帳で開かれるはずなので,下に公開されているソースコードをコピペして貼り付ける.

ahk making 1

4.上書き保存してメモ帳を閉じる.アイコンをダブルクリックして,スクリプトを走らせる.(ツールバーに[H]マークが,あとvttと書かれた小さなウインドウも出てくるはず.)
5.VLCとWORDを起動.お好みで配置.
 snip_20180205125755.png
6.VLC[ビデオ]→[常に最前面に表示]
7.Wordに打ち込むためにフォーカスさせながら,VLCで音声/映像ファイルを再生 (Ctrl+↑)
8.WORDに書き込みつつ,[無変換]キーや[F1]キーで巻き戻しなどが可能.その他キーについては,[Help]ボタン参照.
20170821_1322

個人的にはすごく便利だと思うのですが,会話分析系の人はみなMacユーザーが多いので,あまり今のところは人気がありません.バグなどは今のところありませんが(そこまで複雑でもない),Fixの必要があればご連絡ください.

なお,開発にはAutoHotkeyを使っていますので,最後に,オープンソースとしてソースを公開しておきます.ご活用ください.(ぜひもっといいものができた場合は教えてください.Twitter:@neo_kix)

また,開発のオリジナルのアイデアはkojimuさんという方のポストに大きく寄っています.ブログは2012年から更新されてないようで悲しいのですが,とにかく感謝しています.

AutoHotkeyでVLCメディアプレイヤーを操作して、書き起こしを楽にする – 跡々 : http://d.hatena.ne.jp/kojimu/20110425/1303762269


ソースコード

以下,ソースコードです.AutoHotkeyで使用するためには,AutoHotkeyをダウンロード後,任意の名前の.ahkファイルを作成し,右クリックからEdit Scriptを選択,以下をコピー&ペーストして保存してダブルクリックしてください.

AutoHotkey 1.1.27.00 (2017年12月より新しい) 以降の対応です.

 ;vlc transcriber with timer Build:20170821
/*
Reminder
Window Key-> #
Ctrl Key -> ^
Alt Key -> !
無変換 -> {vk1D}
変換 -> {vk1C}
かなkey -> {vkF2}
F1 & Up:: -> you can use non-modifier keys as modifier keys.

To add this to Startup of Win10,
[Win+R]
then
[%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup]
then
Copy and paste this .exe/.ahk file or its shortcut
*/

#NoEnv ; Recommended for performance and compatibility with future AutoHotkey releases.
;#Warn ; Enable warnings to assist with detecting common errors.
SendMode Input ; Recommended for new scripts due to its superior speed and reliability.
SetWorkingDir %A_ScriptDir% ; Ensures a consistent starting directory.
Settitilematchmode, 2
Gui , Timer:Font , s10, Segoe UI
Gui , Timer:Add , Text, x10 y10, VLC transcriver with simple timer
Gui , Timer:Font , s10, Segoe UI
Gui , Timer:Add , Button , x120 y40 w70 gHelp , Help
Gui , Timer:Add , Button , x50 y40 w70 gExit , Exit
Gui , Timer:+AlwaysOnTop
Gui , Timer:Show, x50 y50
Gui , Timer:Color, White
return

Help:
Msgbox, vlc transcriber with simple timer (VTT) `n Makes Transcribing Less Painful with Windows `n `n Key strokes and functions; `n*Only works when VLC is running. `n `n [ScrollLock] Suspend vtt `n [Ctrl][Shift][Alt]+[W] Exit vtt`n`n `n *Only works when VLC is running. `n [F1]/[Alt]+[F1]/[無変換]→3sec back `n [F2]/[Alt]+[F2]→3sec forwards `n [Ctrl]+[↑]/[Alt]+[F5] → Start/Pause `n [Ctrl]+[,] → Slow `n [Ctrl]+[.] → Fast `n [Alt]+[F12]→Next Frame `n`n ​ `n Will be typed automatically with (0.0) form. `n F3/F9→Start `n F4/F10→Stop `n `n [Ctrl][Alt][Shift]+[ ] `n [F1] ºº `n [F2] // `n [F3] ><
Sendinput, {Left}
Sendinput, ^{v}
sleep, 100
Return
}

;Blacketing selected lines with
^!+F4::
{
clipboard =
sleep, 25
sleep, 100
Sendinput, ^{x}
Sendinput,
Sendinput, {Left}
Sendinput, ^{v}
sleep, 100
Return
}

;Blacketing selected lines with ()
^!+F7::
{
clipboard =
sleep, 25
sleep, 100
Sendinput, ^{x}
Sendinput, ()
Sendinput, {Left}
Sendinput, ^{v}
sleep, 100
Return
}

;Blacketing selected lines with ##
^!+F8::
{
clipboard =
sleep, 25
sleep, 100
Sendinput, ^{x}
Sendinput, {#}{#}
Sendinput, {Left}
Sendinput, ^{v}
sleep, 100
Return
}

;insert uparrow 3 times for each characters
^!+F5::
{
sleep, 100
Loop,2
{
Sendinput, ↑
sleep, 50
Sendinput, {Right}
sleep, 50
}
Sendinput, ↑
sleep, 100
Return
}

;insert downarrow 3 times for each characters
^!+F6::
{
sleep, 100
Loop,2
{
Sendinput, ↓
sleep, 50
Sendinput, {Right}
sleep, 50
}
Sendinput, ↓
sleep, 100
Return
}

/*

VLC Player Control

*/

; Play and Pause
#IfWinExist, VLC
;WinSet, AlwaysOnTop, On, VLC
^Up::
!F5::
IfWinNotActive, VLC
{
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , {space}, VLC
}
else
{
Send, {space}
}
Return

#IfWinExist, VLC
; Speeding up (0.10x)
^.::
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , ], VLC
Return

; Slowing down (0.10x)
^,::
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , [, VLC
Return

; 3seconds back using 無変換/F1
vk1D::
F1::
!F1::
IfWinNotActive, VLC
{
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , +{Left}, VLC
}
else
{
Send, +{Left}
}
Return

; 1second back using Ctrl+Left
^Left::
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , !{Left}, VLC
Return

; 3 seconds ahead1
F2::
!F2::
^Right::
IfWinNotActive, VLC
{
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , +{Right}, VLC
}
else,
{
Send, +{Right}
}
Return

; next frame
!F12::
SetTitleMatchMode, 2
ControlSend, , e, VLC
return
#IfWinExist,

;Precise Timer
F3::
F9::
CounterBefore = ;var1
DllCall("QueryPerformanceCounter", "Int64*", CounterBefore)
return

F4::
F10::
CounterAfter = ; var2
CountFrequency = ; var3
DllCall("QueryPerformanceFrequency", "Int64*", CountFrequency)
DllCall("QueryPerformanceCounter", "Int64*", CounterAfter)
Send, {Backspace 3}{(}
Counterresult := (CounterAfter - CounterBefore)/CountFrequency
Send, % Round(Counterresult, 1)
Send, {)}
tooltip, Counted!
sleep, 500
tooltip,
return

関連動画


※古いバージョンですが,導入手順などを解説しています.


※速さをはかってみたものです

c)チェンジログ( 2018/02/05現在)

2018/02/18

VLC が ver.3になって ahk_classが変更になったので,ahk_classを使わない方法に変更しました.↑のコードはすでに変えてあります.

2018/02/05 vtt ver.2.0
.exeファイルの公開をとりやめました.↑の導入手順に従って,AutoHotkeyを利用してください.USBなどから利用したい場合は,AutoHotkey内の”Convert .ahk to .exe”でコンパイルしてください.

2017/12/27 vtt ver.2.0
AutoHotkeyのJISキーボードのコード書き換えに関して,下記公開コードを変更しました.
vk1Dsc07B→vk1D

2017/10/07
実際にどれぐらい早くなるのか計ってみた動画をアップしました.

2017/08/21
.英語版,日本語版,解像度別を統合しました.
.選択した場所の周りを(), ##, ¥などで覆う機能を実装しました.(プログラム内Helpを参照)
.可視的なタイマーを削除.F3-F4で(0.0)形式で挿入されるように合理化.

2017/04/03 リンク切れを解消しました
···低解像度版:Row Resolution (1080等)などのためにウインドウを常に真ん中になるように表示
···VLC との同時起動を実装(VTTを起動すると,VLCも自動起動します)

*VTT 日本語キーボード用·高解像度(1920× 1080)用

https://www.dropbox.com/s/r3h88f5iitb0j3v/vlc%20transcriber%20and%20timer%20neokix%2020170111.exe?dl=0

*VTT 日本語キーボード用·低解像度(小さい画面)用→高解像度かわからない人はこちらを

https://www.dropbox.com/s/3uh2fm4z699akk6/vlc%20transcriber%20and%20timer%20for%20low%20res%20neokix%2020170121.exe?dl=0
*VTT 英語キーボード用:今後の開発の予定はありません

https://www.dropbox.com/s/3w21jm8rbw5dsmr/vlc%20transcriber%20and%20timer%20neokix%2020170112%20eng%20keyboard%20version.exe?dl=0

2017/01/22 VTT 高解像度/低解像度版 分化して公開

2017/1/19 VTT 20170119バージョン公開·掲載箇所一括化
···Help内表記一部変更,Exitボタン実装

2017/1/17 VTT 20170117バージョン公開
···表記,Helpボタン実装,ショートカットキーの合理化

2017/1/某日 VLC Transcriber and Timerとしてタイマー機能を実装,公開

2016/12/20? VLC Transcriberとして公開

広告