インドネシアの茶畑

感動した風景,というのは,じっと目をつぶるとそこにまたありありと再現できるものである.

僕の場合,その風景は,インドネシアで見た,ひと山の茶畑である.

2011年だったかに,僕はインドネシアにいた.一年だけいた.

続きを読む

昭和に再建された城たち

昭和に再建された城たちは,どこか味気ない.

ひょんなことから,僕はある人と城を巡っている.最終的には100か所をめぐる予定だ.その城たちは,日本の各地に散らばっていて,種類も様々で,暇があるときは100城がリストされたものを見ては,日本の歴史のことを考える.

続きを読む

おばあさんを置き去りにした話

これは懺悔である.あのおばあさんは,その後,電車に乗れたのかしら?

Brașovという町がルーマニア・トランシルバニア地方の南端にある.首都ブカレストから電車で北に約3時間の距離にあり,夏の避暑地になっている.まあ軽井沢みたいなところだと思ってください(と言っても僕は軽井沢になんて行ったこと無いけど).

続きを読む

ドラキュラ城について その1

真ん中のやつがドラキュラ城です.

EOS 50D_IMG_4403_2015_02_13-02.JPG

と言っても,それは3割ぐらいしか正解じゃないとか.

そもそも,いわゆる”ドラキュラ”は空想上のいきものだもんね.と言っても,僕は美女でも処女でもないから,ドラキュラさんとは関わりになることはないんだけど.

それに,「ドラキュラ城」というものもない.上のやつは,「ブラン城」と言われる交易要塞で,1200年前半ぐらいにかけて建設され,トランシルバニア(ルーマニアの左上あたり)と,ワラキア(ルーマニアの南あたり)の国境を警備している城であったそうな.そのあといろいろあって(詳しくはWikipediaでも見てください),今に至る.

続きを読む

そしてロンドン.

高校の入学面接に英語面接があって,そこで行きたい国を聞かれた時に,「イギリスに行きたいです.深い(本当は長い,と言いたかったはずなんだけど)歴史があるからです.」といったこと(あるいは言えなかったこと)を覚えている.

その時は,「いつか行くだろう」という国だった.そもそもが遠いのだ.同じ島国のよしみと言っても,さすがに私には行くことが出来ない国…だと思っていた.しかしあれだね,イギリスはあんなところからよく日本まで船でやって来ましたよね.

そしてロンドン.人生死なないことが肝心で,あれよあれよという間に訪れる機会に恵まれました.同業者のMPさんに協力してもらい,いざ行かん.

着いた!

ザ・ファースト・インプレッション!

単刀直入に言うと,「巨大なテーマパーク」です.あそこは.

続きを読む