文字起こしをAutoHotkeyとGoogle音声入力で半自動化してみた

OK,確かにいくつかの音声認識ソフトがある.Dragon Speechだとか,AmiVoiceだとか.だけれども,どれもあまり信用できない···きがする.

そういうわけで,Google Docs内蔵の音声認識機能を使うことができないかと考えた人は,私だけではない.

だけれども,ほぼ自動化しようとしたのは私が最初だろう.あぁもちろん,AutoHotkeyを使ってね!

“文字起こしをAutoHotkeyとGoogle音声入力で半自動化してみた”の続きを読む

広告

AutoHotkey 入門 学習シリーズ (27) なんでもないけど意外と役立つ常駐型簡単アプリランチャー

以前,Progressを使って,画面下(あるいは上)にちょっとしたノティフィケーションを作る話をしました.このようにすると,非常に画面がすっきりして見やすくなるなぁという印象でした.

今回は,GUIを同様に利用して,簡単に追加,編集ができるマルチランチャーを作ります.まぁ別にHotkeyを使ったりしてもいいわけですが,すでにマウスを持ってるのにわざわざ持ちかえるのも面倒(!)なので.

今回のCan-do
GUIのテキストにRUNコマンドを忍ばせて,お手軽簡単なアプリランチャーを作成できる

“AutoHotkey 入門 学習シリーズ (27) なんでもないけど意外と役立つ常駐型簡単アプリランチャー”の続きを読む

自分の学びを他人にゆだねないということ:【レビュー】村上吉文(2018)『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』ココ出版

※本稿は献本していただいた「村上吉文(2018)『もう学校も先生もいらない!?SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』ココ出版」のレビュー記事です.献本をいただいたからと言って,私の毒舌が解毒されることはありません.いいものは良いし,悪いものは悪いといいます.


もう学校も先生もいらない!?  SNSで外国語をマスターする《冒険家メソッド》
村上 吉文
ココ出版 (2018-09-28)
売り上げランキング: 6,658

 

【雑駁な概要】

この本は,言葉の勉強を今までの教室に入って行ういわゆる”お勉強”はなく,ネットを使って試行錯誤しながら自分で行うエキサイティングな「冒険家メソッド」が,いかに学びの本質に寄り添っているかを,学びの楽しさを忘れてしまった/そもそも知らない”大人”たちに向けて諭す本です.

なぜ「冒険家メソッド」が,今の人間の言語学習に合っているのかを,現代人の日常生活,学習の時の気持ちなどに寄り添いながら,例を出して証明したり,説得したりしています.

個人的なキーワード:主体性,ソーシャルメディア,コミュニティ,一斉授業,自律学習,SNS,試行錯誤,失敗

“自分の学びを他人にゆだねないということ:【レビュー】村上吉文(2018)『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』ココ出版”の続きを読む

GN125-2F にダサい自作リアボックスを搭載する

GN125-2Fですが,積載力というものがほとんどありません.いや,あります.ちゃんとあります.しかし,きっちりと雨にぬれずに,しかも普通に車積載しておくべき道具や書類などを載せるところは,まあありません.カッパなんかもそうですね.

というわけで,今回はリアボックスについて考え,搭載してみました.

“GN125-2F にダサい自作リアボックスを搭載する”の続きを読む

消費者として:docomo, Google, LGの責任の擦り付け合い,およびNexus5xの文鎮化(突然死)

お気に入りのNexus5xというスマホが死んだ.先月のことだ.突然死んだ.充電中に死んだ.

紆余曲折あって,僕は今,別の携帯電話を使っている.

その間に,いろいろと考えることがあって,その経緯を語ることは非常に煩雑な様相を呈するのだけれど,しかし誰かがどこかに詳細に残しておくべきだという気もしているし,ここに書き記すのにかかるのは時間と電気だけなのだから,とにかく書き記しておくべきだと感じている.

少し長くなりますが,気が向いたらおつきあいください.

“消費者として:docomo, Google, LGの責任の擦り付け合い,およびNexus5xの文鎮化(突然死)”の続きを読む

AutoHotkey 入門 学習シリーズ (26) HotString機能を使ってWindowsが魔法チックに/ショートカットキー不足対策

AutoHotkeyにはHotstringという機能があります.これは,表音文字(abcなどのアルファベット)を用いる西洋語ユーザーがAutoHotkeyを使う理由になっています.例えば,

:*:btw::by the way

のようにしておくと,「btw」とタイプするだけで,by the wayが挿入されるという仕組みです.ただし,IMEには予測変換機能がありますので,積極的にAutoHotkeyを使う意味はありません.(日本語の入力方式にAutoHotkeyがあまり対応していない部分もあります.)

ですが,もう一つの使い方もあります.それは,キーボードショートカット(Ctrl+F2みたいな)を減らす方法です.ショートカットは限界もあります.例えば,わざわざAmazonを開くためにショートカットキーを用意しておくのは,よほどアマゾンマニアでないとね,という感じです.

では,Hotsrting機能を使って,キーボードショートカット不足を解決していきましょう.

今日のCan-do
Hotsrtingの機能を使って,
1:魔法みたいに特定のホームページを開く
2:ショートカットキー不足を解消する

“AutoHotkey 入門 学習シリーズ (26) HotString機能を使ってWindowsが魔法チックに/ショートカットキー不足対策”の続きを読む