AutoHotkey 入門 学習シリーズ(14) 左手用デバイスを構成する

昔購入したSanwa Supplyさんの提供する安価なプログラマブルなテンキーNT-19ですが,AutoHotkeyを使い始めてからあまり使いみちがなく,眠ったままになっていました.

なので今回はAutoHotkeyとの組み合わせでいろいろと使える左手デバイスを構成します.
img_20180119_092732.jpg

これはなにもNT-19だけに限ったことではなくて,プログラマブルなものだったら応用できるはずです.また,後述しますが,Numberpad(テンキー)を代わりにすることも可能です.

構成の方針は以下の通り

1.左手デバイスからは普段あまり使わない組みあわせ(Ctrl+Alt+Shift+F12)が打たれるように設定する.

2.AutoHotkeyにてCtrl+Alt+Shift+F12が別の機能を担うように設定する.

“AutoHotkey 入門 学習シリーズ(14) 左手用デバイスを構成する”の続きを読む

広告

AutoHotkey 入門/学習シリーズ (13) IMEの全角/半角入力問題を解決する

AutoHotkeyは日本語のOS環境でも充分使っていけるものです.しかし,ときにLittle bit of tweaksが必要になります.特に,それが日本語入力関係のものなら必須です.

例えば,( )を挿入する際はあらかじめIMEをOffにしておかなければ,( )が全角で挿入されてしまったりします.そして残念ながら,設定をIMEの方で行う必要があります.

今回はIMEとAutoHotkeyの関係をうまく構築するために,IME側の設定をいじろうと思います.

今日のCan-do

·IMEの設定をいじることで,AutoHotkeyでの日本語入力をより快適にする. 

“AutoHotkey 入門/学習シリーズ (13) IMEの全角/半角入力問題を解決する”の続きを読む

絵を描けるようになる15分

IMG_20180113_122400絵が得意か.いいえ.

ラインスタンプは売れているか.いいえ.

絵が描けるか.はい!

誰しも絵は描ける,というのは,Graham Shawさん.

Why people believe they can’t draw – and how to prove they can | Graham Shaw | TEDxHull – YouTube :

すげえ簡単にカートゥーンが描けるようになります.

漫画ではないけど.

練習してみてはいかが?

 

文化相対主義の行方

またまたよくわからないことが増えた.

よく文化相対主義と自文化絶対主義が比較されることがある.

文化相対主義とは,文化にそもそも優劣はなく,価値を客観的に測ることはできず,たくさんの文化があることが,価値を生み出すという考え方.のはず.

対して,自文化絶対主義というのは,自分の所属する文化が最強っていう感じ.ナチスドイツとか,ウヨクのみなさまとか,たぶんそうなんじゃないですか.

しかし,気になるのは,その間,つまり,「他文化絶対主義」みたいなもののことを,どう考えたらいいのだろう,ということだ.

“文化相対主義の行方”の続きを読む

[お知らせ]AutoHotkeyの入門書を出版しました

超ド素人から始まり,ド素人になった私がAutoHotkeyの入門書をぽちぽち書きました.
半年の苦節が100ページにまとまりました.99円の価値はあると思います.
Kindle Unlimitedご利用なら無料で読めます.
まぁこのブログの内容をもうちょっと詳しく解説したものなんですけどね!わっはっは!

 

無変換などのキーコードの変更 (スクリプトが読み込めないトラブル解消:AutoHotkey 1.1.27.00以降)

AutoHotkey : https://autohotkey.com/

もしAutoHotkeyで無変換キーなどを利用されている方は,2017年12月のビルド1.1.27.00以降,日本語JISキーボードにおけるキーコードが変更になりましたので,ご注意ください.

以前
vk1Dsc07B

以降
vk1D

以前のスクリプトからscxxxを消すことで,引き続き利用可能だそうです.

“無変換などのキーコードの変更 (スクリプトが読み込めないトラブル解消:AutoHotkey 1.1.27.00以降)”の続きを読む