AutoHotkey 入門 学習シリーズ(14) 左手用デバイスを構成する サンワサプライ NT-19

昔購入したSanwa Supplyさんの提供する安価なプログラマブルなテンキーNT-19ですが,AutoHotkeyを使い始めてからあまり使いみちがなく,眠ったままになっていました.

なので今回はAutoHotkeyとの組み合わせでいろいろと使える左手デバイスを構成します.
img_20180119_092732.jpg

これはなにもNT-19だけに限ったことではなくて,プログラマブルなものだったら応用できるはずです.また,後述しますが,Numberpad(テンキー)を代わりにすることも可能です.

構成の方針は以下の通り

1.左手デバイスからは普段あまり使わない組みあわせ(Ctrl+Alt+Shift+F12)が打たれるように設定する.

2.AutoHotkeyにてCtrl+Alt+Shift+F12が別の機能を担うように設定する.

設定自体はNT-19のホームページからダウンロードしたソフトを使います.一個ずつしないといけないのですが,オンボードメモリがあるので,一回だけで大丈夫です.

!^+F1 – F12

!^F1-F10

に今回は当てました.

numpad

あとは,この設定した組みあわせに,AHKのスクリプトを当てていきます.

たとえば,今回作成したものの中でナイスな一例をあげると,

!^F1::
     Gosub, runchrome
     return

runchrome:
	clipboard =
	IfWinNotExist, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
	{
		Send, ^c
		Sleep 100
		Run, http://www.google.com/search?q=%clipboard%
	}
	else IfWinNotActive, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
	{
		WinActivate, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
		WinWaitActive, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
		Send, ^{PGDN}
	}
	else ;IfWinActive, ahk_class Chrome_WidgetWin_1
	{
		Send, ^{PGDN}
	}
	Return

これで,

  • Chromeがなければ,選択部分をコピーしてGoogleで検索
  • ExistでかつChromeがActiveでなければ,ChromeをActieにして次のタブに行くようにする
  • ExistでかつChromeがActiveなら,次のタブに行く

という操作を,一つのボタンで実現することができます.

こんな感じで,必要な機能を当てはめていきました.

YouTubeを流したり,隠したり,消したり,一覧をみたり,フォルダーを開いたり,ズームインしたり,などなどの機能を詰め込んでいきます.
Wordが重複して開かないようにすることなどもできます.

 !^+F5::
	Sleep, 100
	IfWinExist, ahk_class OpusApp
		WinActivate, ahk_class OpusApp
	else
		Run, C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\WINWORD.exe
	return

また,すでにホットキーが割り当てられている場合でも,ホットキーとともにsubroutine化することで,両方使うこともできます.

!^F5::
	SetTitleMatchMode, 2
	IfWinNotExist, YouTube
	{
	Sleep, 100
	Gosub, runyoutube
	}
	else
	{
	}
	return

!^Y::
runyoutube:
	Run, https://www.youtube.com/
	sleep, 4000
	WinMinimize, A
	return

もし,左手デバイスとしてNumpad/テンキーを使いたい場合は,Numpad1::でNumpadを指定してAutoHotkeyで機能付けできます.

Numpad1::
     Run, https://www.youtube,com
     return

 

最後に,印刷したものをキーキャップに貼っておしまいです.

IMG_20180119_091205.jpg

2000円以下でできるので,もしかしたら役に立つかもしれませんね.

いい左手デバイスライフを!

 

 

サンワサプライ プログラマブルテンキー NT-19UH2BK
サンワサプライ
売り上げランキング: 1,307
1863円

 

広告

“AutoHotkey 入門 学習シリーズ(14) 左手用デバイスを構成する サンワサプライ NT-19” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください