全角数字の殺し方(テンキーなしで半角数字を打つ方法)

私は全角数字が大嫌いだ.

理由ですか.Excelで計算もできないし,見た目も悪い.なにより半角と全角が混同してしまうと,フォントのずれさえ起こってしまう.横書きの場合では,漢数字すら僕にとっては敵なのである.あぁもう!誰がこれをいいアイデアだと思ったのだろう?

さて,なので,少なくともキーボード上部の数字を打つときぐらいは,半角数字が表示されるようにすればいいと思っていた.

Windowsでは(多分?)設定を変えられない.ここでまた,AutoHotkeyの出番だ.

+1::!

1::Numpad01

のようにして,いちいちキーを変えればいい.これで全角数字はどんどん活動範囲を狭めるだろう.

ちなみに,もしWordに限定するなら,オートコレクトに全角数字を半角数字になるように設定してあげれば,全角数字を勝手に半角にしてくれます.

;AutoHotkey Numpad mod
+1::!
+2::"
+3::#
+4::$

+5::
Send, {`%}
return

+6::&
+7::'
+8::(
+9::)
+0::=

1::Numpad1
2::Numpad2
3::Numpad3
4::Numpad4
5::Numpad5
6::Numpad6
7::Numpad7
8::Numpad8
9::Numpad9
0::Numpad0
広告

“全角数字の殺し方(テンキーなしで半角数字を打つ方法)” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください