エッセイという文体について

今,いろいろとエッセイという文体について調べています.

いろいろなものを人はエッセイと呼びたがりますが,いろいろな文体を考えてみたところ,次のような形でひとまず表せるのではないか,という結論に至りました.

架空のものではない文体において···

論文 (論理性+, 形式+,  普遍性+, メッセージ性-) :形式が守られたうえで中身で勝負

大学のレポート (論理性+, 形式+, 普遍性+, メッセージ性-) :形式で勝負(?)

Eng. Essay (論理性+, 形式+,  普遍性△, メッセージ性+) :形式が守られたうえで中身とアイデアで勝負

小論文 (論理性+, 形式△, 普遍性△, メッセージ性+) :形式はさておき,中身とアイデアで勝負

Editorial/社評 (論理性+, 形式△,  普遍性△, メッセージ性+) :中身で勝負

コラム (論理性△, 形式-,  普遍性△, メッセージ性+):中身で勝負

エッセイ (論理性+, 形式-,  普遍性△, メッセージ性△) :書き方,中身,アイデアすべてで勝負してもいい

随筆 (論理性-, 形式-,  普遍性△, メッセージ性△) :勝負しない

日記 (論理性-, 形式-,  普遍性-, メッセージ性-) :勝負しない

あくまで試験的ですが,こう考えると,いったい何を書きたいのか/書かせたいのかで,選択肢が広がっているように思います.そして,虚構のものではない事柄について,書き方で勝負できる媒体というのは,結構少ないことがわかるのであります.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中