常備灯と愛

我が家は2階建てで、二階部分に常備灯が設置されている。引き抜くと発電する。ふだんは電池と電池の間にプラスチックが挟まっていて、本体を引き抜くとそれが外れ、点灯する仕組みだ。

使うときもしばしばだ。特に、電気をつけるリモコンがなくなったときや,夜中に電気をつけず,探検隊気分を味わいたいときなどに使う.たくさん使うことがあるわけじゃないけれど,ちょっと使う.電池の切れも確認しておいたほうがいいし.

ミニマリズムwannabeになってから,防災という視点で物事を見ることが増えた.そういう意味では,常備灯はあると便利だろう.設置式だから,どこにあるか知っている.暗闇でも,手探りで手に取れるだろう.引き抜くと電気が勝手につくのも良い.なにせ,ちょっとかっこいいではないか.ゾンビが来てもちょっと殴れるぐらいには丈夫だ.

その常備灯を設置したのは父だ.自分は一階で寝ているから,自分が設置したことも忘れているに違いない.でも,その常備灯の横の階段を降りるたびに,少しだけ父の愛も感じる.自分のためではなく,誰かのために,これを置いているのかと思うと,なんだかその光も,少しだけ明るくみえるのが不思議だ.

そういう意味で,もし誰かにプレゼントをするなら,次は常備灯かな,とか思っている.新築祝いとかね.ちょっとシュールな品になること間違い無し.あ,そんなこと言うと,送らないといけなくなるじゃないですか.みなさま,末永くご爆発ください.

パナソニック LED常備灯 乾電池付き ホワイト BF-BE01K-W
パナソニック(Panasonic) (2011-04-21)
売り上げランキング: 8,124
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中