無色透明無味無臭

80% of People Think They Take Excellent Photos, Study Finds – http://petapixel.com/2016/05/11/80-percent-consumers-think-photos-excellent-study-shows/

80%の人は,自らの撮る写真が上手だと思っているらしい.だとしたら,僕は20%であることになる.自己評価とは,特に測定が複雑なスキルに関しては,みんなそんなもんだと思う.歌だとか,絵だとか.

では他者評価されればいいのかといえば,そうでもない.人はお世辞でも褒めるし(「本当にお上手ですね」),特に根拠なく評価的な言葉をいう.「谷崎潤一郎なんだから面白いはずだ」,というように.

しかし,別にうまいという人を,あるいはうまいと思っている人を軽蔑し,批判したいかと言えば,そうでもない.そういう意味では,実は上手か下手かなど,あまり関係ないのです.それは相対的なものであると同時に,自己満足的であるし,どちらかといえばもっと内面的で,ある意味では解脱への道に近い.

そもそも,わたくしにとって,外国語は学問であった.言葉なんて,本来はそんなものではない.自動車の運転や,料理,生け花,社交ダンスなどと同列に属するものとみてよろしかろう.使いようによっては,ひどく便利でもあり,有意義でもあるが,それ自体,われわれの人格に何ら本質的なものをつけ加えはしないのである.

伊丹十三[ヨーロッパ退屈日記]

そもそも写真が上手いとか,歌が上手いとか,ダンスが上手いとか,それと人格とは無関係のように思う.だから,下手だっていいじゃないか.うまくなくたっていいじゃないか.

逆に,うまいから何なんだいって話であります.やっかみであります.

もし才能というものがあって,それに色や,味や,匂いがあったとしたら,僕は無色透明,無味無臭だろう.それが先天的なものであっても,後天的なものであっても,努力できる才能であったり,継続できる才能であっても,特にそれを自慢したいという気持ちにはなれない.

自分が凡人だと気づくのは,自らが変人だと気づくにもまして,意外と楽なものです.

(写真はルーマニア・ブカレストを拠点とする写真家のT氏と幾人かで,町を散歩するスナップ写真会で撮影したものです.)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中