パチン,と乾いた音を立てて,スイッチが壁にめり込むと,すこし時間があいて電気がつく.

鏡まで歩いて行って,蛇口をひねると,水が出てくる.ふと,自分の顔が目に入る.どうも黄色い気がする.土気色だ.

気になってメガネを外してみると,その色はいくらか増しになったように見えた.だけれども,やはり茶色というか,いくらか黄色みが買っている.頬がこけていて,髭が皮膚を突き破って生えているように見える.

髭が生えるとき,音は出ているのだろうか.

目の下のクマもなかなかのものだ.右目で右目を,左目で左目を見てみるが,どちらも自分のものとは思えない奇妙な形をしている.よく顔のパーツについて形が良いとか悪いとか言う議論が,顔全体の印象を隠してしまうことに思い当たる.なので,こんどはそれに対抗する形で,いわば意識的に,顔全体について見てみる.

が,しかしそれは,別人の顔のように見える.交差点で前から自分が歩いてきても,それが自分であるとは気づかないような,そういう非私的な人間の顔をしている.少し笑っているような気がして,手で触ってみるが,手の感触はそれを支持しない.僕は怖くなって,顔を手早く洗うと,鏡から目を背け,ゴシゴシと顔をタオルで拭いた.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中