火星移住と必要な性格について

火星へはシャトルで1年で行けるそうです.

NASAのMars One Projectについて,友人のTさんから教えてもらって,いろいろ見ていた.おそらくみなさんも応募できるんじゃないかと思う.(もちろん,あなたがしたければ,という意味ですが.)

面白いのが,宇宙飛行士に求められる性格という箇所で,Key Charastaristicsという形で,いろいろな性格が紹介されている.

例えば…(訳は僭越ながら私が)

・回復力(Reciliency):思考プロセスが一貫している.

・適応力:自分の限界と,それをいつ/どうやって広げるかを知っている.

・好奇心:単に答えを得るためだけではなく,理解するために質問をする.

・創造性/リソースの有無:遊びの精神を持っている

こう見ると,どうやら「オトナコドモ」みたいな人が適してそうだ.自らの考えを持ってはいるけれど,他の人の意見も受け入れられるし,困難があっても乗り切られる,好奇心旺盛な人.

ちょっと一緒にいると疲れそうだけど,そういうだけで集まるのなら,すごくエネルギーがありそうな感じです.同業者のMP氏いわく,「ポジティ部地球代表」とのこと.長期的な計画ですので,キープアップできる人が必要なのですね.

さて,来年からトレーニングがスタートするCrewOneが出発するのは2026年とのこと.次の年には火星に到着するとのこと.
そうですよ,火星,意外と遠くありません.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中